阿蘭陀デルフト白磁盃
original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/8

阿蘭陀デルフト白磁盃

0 JPY

Free shipping

About other shipping cost

SOLD OUT

オランダ17世紀後半-18世紀前半 H4.2×W6.8㎝ 骨董の定番のひとつ、阿蘭陀白磁。 古くから茶席で珍重されてきた、茶道具に見立てられた物や絵付けのある物などに加え、茶道の外の世界にいる骨董数寄者の間でも人気の高い品です。 この白磁の容器は、もともとは軟膏入れとして使われた物ですが、日本では酒盃などに見立てられています。縦長の小型のものが多い中で、横に広い形が登場するのは、17世紀後半。そして径が6㎝ほどあるような大型のものは、薬壺として縦型の小型容器に移し替える前に用いられた物なのだそうです。 阿蘭陀白磁は、経年により黒く変色してしまっているものも多いですが、本作は状態が良く、アルバレロ形もメリハリが効いていて美しいです。 軟質陶器特有の虫食いのような箇所はところどころにありますが、後からできたキズなどはなく、良好です。 - Large ointment jar, White Delft Late 17th century-Early 18th century H4.2×W6.8㎝ Condition:Good antique condition.