初期伊万里 八角芙蓉手盃
original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/11

初期伊万里 八角芙蓉手盃

400,000 JPY

Free shipping

About other shipping cost

SOLD OUT

江戸時代初期 H4.8×W6.3㎝ ちょうど花が開き始めたような自然な広がりに、初期伊万里特有の生掛けの釉膚、緩やかな八角の面取が初期伊万里らしい風情をたたえた猪口です。 形も厳格ではありませんので僅かな歪みがあり、陶器と磁器の両方の良さを感じることができます。 裏を返すと砂がぎっちりと付いた砂高台。それもまた野趣漂い、草創期の伊万里ならではの楽しみとなっています。 芙蓉手は元々、明代の万暦年製(1573~1620)に中国で生まれた文様様式です。器の周囲を窓で区切り、その中に絵付けを施してゆくこの文様は西洋への輸出向けに好まれ、中国に代わって輸出陶器を担った日本でも継続的に生産されました。 伊万里焼としても早期ですが、日本の芙蓉手としても最初期のものとなるこの猪口の絵付けは、万暦の芙蓉手はもちろんのこと盛期伊万里とも全く異なる、余白をうまく残した即興的な絵付けとなっており、肩肘張らずにお酒を楽しむには良い相棒になってくれるのではないでしょうか。 初期伊万里の蒐集で著名な、某コレクター様の愛蔵品だった品です。 伝世品は非常に少ない為、ぜひ次に大切にして頂ける方にお繋ぎできたらと思います。 見込みに虫食いのような窯キズがありますが、焼成時のものですので初期伊万里として全く気になるものではありません。コンディションは極めて良い品です。 - Sake cup with flower and plant design, Blue and white porcelain, Early Imari ware Edo period, 16th century H4.8×W6.3㎝ Condition: Good antique condition.