初期伊万里なずな文盃
original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/8

初期伊万里なずな文盃

Last 1

180,000 JPY

Free shipping

About other shipping cost

江戸時代初期 H3.8×W6.3㎝ 小振りで低重心なフォルムに、染付で描かれたなずな文が愛らしい盃です。 初期伊万里の「なずな手」とされる文様は、中国・明末の古染付を写したとされています。ぽんぽんのような丸い形の花が可愛らしいですよね。 江戸時代初期頃から取り入れられた文様ですが、後期になると形式化され、蛸唐草文様へと変化してゆきました。 本作はぐるりと囲むように描かれたなずな文には濃淡があり、また口縁が少し膨らんだような形であるところが特徴的です。 薄い青磁釉が掛けられた釉膚の見込みや高台に現れた砂の粒が景色となり、細部まで愛でることができます。 疵や直し等無く、状態も大変良好です。 _ Sake cup with a shepherd's purse design, Shoki-imari ware The early Edo period H3.8×W6.3㎝ Condition: Good antique condition.