古伊万里白磁豆子盃
original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

古伊万里白磁豆子盃

110,000 JPY

Free shipping

About other shipping cost

SOLD OUT

江戸時代中期 4.7×7.8×7.8㎝ 調菜を盛る器や酒盃として用いられた膳具のひとつである豆子。本作は元々根来塗などで造られていた豆子を陶磁器で模したものです。 無地の白磁とシンプルななかに、中央に一筋の陽刻線がポイントとなっています。 漆の豆子はもう一回り大きなものが多いように感じられますが、本作は酒盃の大きさ。男性の手にはちょうどよく、女性の手にはやや大きめに感じられるたっぷりとした酒盃です。 高台の大きさは小さく、平たく広がった形からきりりと締まっています。 無傷のとても良い状態です。 - White porcelain sake cup, Imari ware Edo period 4.7×7.8×7.8㎝ Condition:Good antique condition.