初期伊万里布袋文皿

初期伊万里布袋文皿

Last 1

230,000 JPY

Free shipping

About other shipping cost

江戸時代初期1630-1640年代 H3.1×W15.5×D15.5㎝ 朝鮮陶工により初期伊万里の生産が始まった当時、日本で多く流通していたのは中国陶磁でした。そのため文様や形共に中国陶磁を目指すことでその市場を広げようとしました。 この四稜花を模した形と布袋の文様も、中国から伝来してきました。稜花形とは花弁の中央がとがった形のことで、蓮弁や遠目からみた大輪の花をイメージしているともいわれています。 多くの布袋の表情は幸福感のある満面の笑みで描かれる印象が強いですが、ここに描かれた布袋はなんだかむすっとしたような、硬い表情にみえます。何故そう描かれたのかは不思議ですが、その表情がまた、鑑賞側の想像の幅を広げさせてくれます。 布袋図の周りを稜花形に沿って線描きが施されていて、薄い青味がかった釉薬が美しい作品です。 右上に小さい金直しが1箇所(写真8枚目参照)あります。 _ Plate with a Hotei design, Early Imari ware Early Edo period, 1630s to 1640s H3.1×W15.5×D15.5㎝ Condition: There is a chips repaired with lacquer and gold. (Reference the 8th photo.)