瑠璃九谷竹節文香炉

瑠璃九谷竹節文香炉

0 JPY

Free shipping

About other shipping cost

SOLD OUT

江戸時代17世紀後半 H5.0×W6.8×D6.8㎝ 古九谷手のもので器全体に瑠璃釉がかけられたものを瑠璃九谷と呼んでいます。深く鮮やかな瑠璃色は宝石を愛でるような美しさがあります。 よく見るタイプでは、瑠璃地に金銀彩で文様を描いたものがありますが、本作は瑠璃釉をかけたのみ。 素地である白磁に形作られた、3本の竹節状の筋線が釉薬の下から白く浮かび上がり、逆に足には陰刻による如意頭文に溜まった釉が一段深い色に浮かび、作品全体の奥行きを増しています。 遠目に見ても清々しく、室内にさりげなく置いても目を引く香炉です。 高台の素地部分にソゲ3箇所、口縁にごく小さなアタリ1箇所(写真6,7枚目参照)がありますが、上がりのよい一品。 こんな香炉でお香を焚いたら本当におしゃれですね。 - Incense burner, Imari ware in Ruri-kutani style Edo period 17th century H5.0×W6.8×D6.8㎝ Condition: There are three small chips on the foot ring and one small chips on the rim.(Refer to the 6th&7th photos.)