初期伊万里丸紋壺
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

初期伊万里丸紋壺

Last 1

750,000 JPY

Free shipping

About other shipping cost

江戸時代初期17世紀 H14.2㎝×W12.8㎝ 元和〜寛永年間頃の作と考えられます。 丸紋は制作当初からとても人気のあった文様だったようで、壺や皿、茶碗などでも伊万里、藍九谷、美濃陶など様々なやきもので用いられています。 そのパターンは幅広いですが、本作では肩部に3箇所、白抜きの菊と捻文、巴文が施されています。 文様配置のバランスもよく、肩部を頂点としてすぼまる形は美しいプロポーションです。 底部を中心に古いニュウや貫入が複数見られますが、半陶半磁の柔らかな磁器質に特有なもので、初期伊万里の鑑賞においてネガティブなものではありません。 日本独自の磁器が作られ始めた黎明期の素朴さや奥ゆかしさを感じさせる品です。 大塚美術の公式ブログもご参照ください。 http://www.otsuka-art.com/category/blog - Jar with a roundel design, Early Imari ware Edo period, 17th century H14.2㎝×W12.8㎝ Condition: There are some natural alteration (hairline cracks) during the kiln process at the bottom.