井戸釉盃
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

井戸釉盃

0 JPY

Free shipping

About other shipping cost

SOLD OUT

李朝16世紀 H3.5×W8.3㎝ 井戸釉がかけられた深さのある平盃。李朝初期、慶尚南道の民窯で焼かれたものでしょう。 腰を横に張り出し、鋭角に立ち上がった器壁は、端反りの口縁部へと繋がってゆきます。特有の赤みのある褐色や無数の貫入と釉調が作り出す景色が魅力の酒盃。 大人しく整然とした印象に対して、裏を返すと白濁した釉溜まりや高台内まで施釉された艶のある景色があります。 仕覆は、利休間道。紺と生成りの細かな千鳥格子に、同色の裏地と細い緒を合わせ、思いきり渋くミニマルに仕立てました。 - Sake cup Joseon dynasty 16th century H3.5×W8.3㎝