ホータン塼仏菩薩立像
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

ホータン塼仏菩薩立像

0 JPY

Free shipping

About other shipping cost

SOLD OUT

唐時代6-7世紀 H8.6×W4.9㎝(台含まず) かつて中央アジアの遥か西、タクマラカン砂漠の南に存在した国、ホータン。 日本からは遥か遠く離れたシルクロードの仏教大国ですが、法隆寺金堂壁画の制作にホータンから招かれた画工が関わっていた可能性があるなど、奈良時代の日本と密接な関わりがあったことでも知られています。 近代に入り西欧や日本の探検家たちがシルクロードの発掘に乗り出した際、多くのものが請来されました。 ホータンの仏は、丸顔で切れ長の目、幼さがありながら妖艶な表情に魅力があり、この塼仏もまさにその特徴を捉えています。 華やかな瓔珞や冠、柔らかい手の動き、穏やかな笑みを称えた菩薩像。 小品ですが彩色も残り、何千もの僧たちが行き来したシルクロードの華やぎを感じさせてくれます。 - Small statue of Bodhisattva, Khotan tang dynasty 6th-7th century H8.6×W4.9㎝(台含まず) ー OFA歳ノ市 2020年12月29日, 30日, 31日 各日20:00更新 ※発送は1月4日以降、4日以降のお買い物は7日以降となります ※問い合わせはinfo@otsuka-art.comまでメールにてお願いいたします